» 3.市政連のブログ記事

毎日の活動をリアルタイムに発信
Unknownhttps://www.facebook.com/yoshihisa.morimoto.52

20130524-224434.jpg
全国の自治体で、独自の方法で少人数学級を実施している。石川県は、1学級の人数が35人を超えた場合、小学校低学年については、1学級に2人を配置するティームティーチングか1学級増やして35人以下の少人数学級にするかを選択でき、3,4年生と中学校1年生は、少人数授業(習熟度などで学級を分割して、小集団で授業を行う)を行うか、35人以下の学級にするかを選択できる制度を実施してきた。
近年、多くの対象校(35人を超える学級がある学校)で、少人数学級を選択してきたが、今年度は、小学校ですべての学校が35人学級を選択した、中学校も93%が35人学級を選択した。
生活指導においても学習指導においても、学力によって分けた学級よりも、小さなサイズの学級で、いろいろな能力の子どもが学習し合う方法が効果的であることは、経験的にも、また、研究成果においてもすでに常識となっている。だから、このような選択の状態になるのは至極当然なことだ。
この方法は、指導法の工夫を目的に、標準定数を超えて配置される加配教員を、増えた学級の担任に充てる方法なので、新たな予算化が必要ない。
小学校5,6年生、中学校2,3年生は習熟度学習が効果的だと言うが、他の学年と同様に選択制を実施してはどうだろうかというのが、今回の質問の趣旨だ。
本来は、国が標準定数法を改正し、欧米先進国並みに30人程度の学級を実施することである。教育の充実を主張する安倍政権は、こんなことも実現できないでいる。お金は公共投資に、教育には精神主義ばかりだ。

10月6日石川県教育会館で,いしかわ教育総研10周年記念集会が開催された.
教育総研は県教組のシンクタンクとして2002年に発足,平和・人権・環境教育や教育政策の批判検討や制度改善,教育環境整備などに向けた調査研究,提言を行なってきた.
教育予算の分析や学校図書館図書費の継続的調査などは,県内各市町の予算に大きく影響を及ぼし,その充実に大きな力を発揮してきた.また,全国学力テストが学校現場,子どもたちに及ぼす影響についても批判的に提言をし続けている.http://www.geocities.jp/sokenisikawa/index.htm

中央教育総研副所長中央大学池田賢市さんの記念講演「教育総研の果たす役割と今後の方向性」での,問題の本質をつかみ,小さなことを見逃さない「嗅覚」が求められている,や,学習観の捉え直しについて,権利として保証されるべきは,消費の対象としての知識の個人内蓄積を目的とするものではない,知識は自らがつくり上げるものなのであって,選択肢の中から選んでくるようなものではない,「生活」の視点を持つことで知識が相互につながってくる,また,地方における教育総研の役割は,具体的な地域や子どもの姿を描く中で課題を提示することである,教育は具体であり,また,普遍的な行為・現象である,という分析と提言は,示唆に富む貴重な指摘として心に留めておきたいと思う.

 わい・がやセッション「子ども未来」2012-1,シリーズ「私の育った学校」は,ロシアの学校.石川県国際交流員のボロディッチ・エフゲニさんに講演していただいた.

 講演の最初は,ロシアの平均的学校の児童生徒数は?という質問から入った.広大な国土であるから,小さな学校が各地に多数あるのかと思いきや,小中高(ロシアでは通しの年数で1年生から12年生と呼ぶそうだが)一貫した教育で,校舎も一緒,だいたい200人ぐらいが普通の規模らしい.
 9月,1年生の入学式では,最上級の12年生が新入生代表の子を肩にのせ,始業のベルを鳴らす,「ファーストベル」という微笑ましい習慣があるそうだ.その後も全学年の子どもたちが一緒に楽しく行う行事があるのかというと,それはないらしい.日本の感覚で言えば,大きな学校になって,これをまとめていくのもなかなか大変そうにも思えるが,これだけ年齢差のある者が同じ学校に通い,過ごすのも,社会性を育てるにはいいかもしれない.

 ロシアの学校では,発表が重視され,毎日出る宿題を次の授業で発表し,その都度の評価がノートに記録され,家に帰るとお母さんが,今日はどうだっかとノートを見るらしい.ロシアの子どもたちは,この毎日の通信簿にプレッシャーを感じているらしい.

 エフゲニさんによると,日本の学校との大きな違いは,日本の学校は秩序があるが,一人ひとりの子どもたちの主張や意見を表明することが少ないように思えるということだった.彼は,ロシアでは「自分の頭で考えろ」ということもいつも先生から言われていたということである.
 テスト漬け,点数に偏りがちというのはロシアも同じようだが,批判より従順を求める傾向のある日本の教育のあり方について考えさせられる指摘であった.

 寒いロシアだが,学校は暖かく,日本の学校の寒さは,ロシアだったら保護者から訴えられるだろうと冗談がでるほど.ロシアならではというのは,寒さが厳しくマイナス30度から40度になると休校になるそうである.この基準は地域によって異なっているようだ.

 今回も様々,興味深い話を聞くことができた.しかし,エフゲニさんの話しからは,ソビエト連邦時代の社会主義における教育の名残を感じさせるような内容はなかった.民主化から20年余り,学校教育も変化してきた部分も多いのだろう.そのあたりの変遷を聞いてみたかったが,もう少し年配の人に聞かなければならないだろう.次の機会を考えたい.

 2月4日ホテル金沢で,2011年度後援会総会と新春交歓会を開催しました.110名余りの参加を得て,総会と活動報告,そして,和やかに新春の懇親が行われました.
 庄田後援会長の挨拶では,盛本芳久どうしてもやらねばならなかった3期連続当選を達成し,後援会の皆様に深く感謝すると述べました.
新保事務局次長の活動報告と計画,役員の承認を得て,盛本の活動報告となりました.
今回の報告は,先日購入したiPadを使いプレゼンテーションを行いました.皆さんにはわかりやすく面白かったとお褒めをいただきました.山本市議は,私も頑張ると早速購入したようです.
 新春交歓会は西南部中教え子の杉山敬子さんの司会で始まり,オープニングは,西澤和枝さんのヴァイオリン演奏,石冨絵里さんのピアノ伴奏で最高級の音楽を堪能しました.一挙に会の格調が高まったとの声もあがりました.西澤さんは西南部中学校時代の教え子で,素晴らしい経歴を持つソリストです.石冨さんも森市議の教え子だということも奇遇でした.
 柚木県教組委員長の挨拶に続き,宮下登詩子元県議の発声で乾杯し,交歓会は開会,楽しい笑い声に包まれました.参加者の皆様の紹介に続き,励ましのお言葉をいただき,ますます元気百倍です.
  今回も恒例の尺八演奏.曲は「手向(たむけ)」を独奏しました.東北に思いを馳せ,鎮魂曲を選びました.
 谷県教組金沢支部委員長の挨拶で閉会となり,これからのますますの交流拡大と,盛本への期待を託されました.
 参加者の皆様,会の準備運営にあたっていただいた後援会事務局の皆様に心より感謝いたします.

 久々の「理科ニュース」も発行(日食,放射線)」
  

 2月1日教育会館で,市政連(金沢市民主教育政治連盟)議会報告会が開催されました.盛本芳久,森一敏,山本由起子の3議員が,各議会ごとに報告を行なっています.

 11月議会報告で,志賀原発再稼働をめぐる議会質問と執行部の姿勢について報告と解説を行いました.
福島事故の原因究明,収束,それに基づく耐震設計指針等の見直し,安全対策,防災計画の抜本見直しと検証,これらが揃わない限り再稼働論議にも入ることができないとの基本的な考え方のもと,その認識を県当局に質したわけです.しかしながら,県はストレステストの結果と各機関の評価,そして,政府判断,住民合意で再稼働をすすめるという姿勢を固めてきています.
 防災計画も,その条件の一つと考えますが,仮に原発が動かないとしても,プールに貯蔵されている,使用済み核燃料や,燃料体が地震等で冷却不能になったり,崩れ落ちるということがあれば,核物質の拡散は起こりうるのです.この重要性も報告の中で訴えました.

 また,少人数学級の実施状況,来年度の国の予算と石川県の対応等についても報告しました.

 100人あまりの参加者には,熱心に報告を聞いていただき,放射線教育の副読本の問題や,放射線の過小評価に騙されないようにすること,また,県・市議会で質問のあった土曜授業の問題等について質問や意見が出ました.

 21日,県総合スポーツセンターで今年も教職員卓球大会が盛大に開催されました.私が教員となった1977年にもう既に開催されていましたが,おそらく50年以上の歴史ある大会です.もちろん教職員の親睦行事ですが,勝負と賞金が掛かっていますから真剣です.

わが,教職員組合書記局チームは小学校Dブロックに出場,1回戦は不動寺小学校との対戦です.男子ダブルス,女子ダブルス,混合ダブルス,女子シングル,男子シングルと行われ,チームの勝敗が決まります.盛本芳久,森一敏のモリモリダブルスチームは,フルセットの末勝利.まずは,自分が勝ったので一安心.しかし,後が続かず1回戦敗退でした.

年に一回,この一日だけラケットを握っての試合ですが,見るのもやるのも楽しいひとときでした.久々に会うかつての同僚との少しの立ち話もほっとするものです.
教職員も,かつては大会に向けて放課後練習をやったり,練習試合を企画したりしましたが,いまや,学校は多忙を極め,そんな時間は取れないようです.しかし,レクリエーションは大事.この大会は,同じく教職員厚生協会が主催するバレーボール大会とともに大事にしていきたいものです.係の教組執行委員の皆様に感謝!

わいがやセッション「子ども・未来」の2011年第1回は,シリーズ「留学生から聞く『私の育った学校』」第2弾「韓国の学校」.講師は今年3月まで石川県国際交流員をつとめた朴眞美(パクジンミ)さんです.

韓国は日本とともに教育に熱心で,毎年日本でもニュースになる大学入試の激しさはことに有名です.この実態はどうなのか,また,小学校や中学校の様子はなど参加者は興味津津でした.

さて,韓国は日本とよく似て競争教育,そして受験戦争が続いているようです.大学入学率は日本をはるかにしのぐ80%超え,進学校の高校生はなんと,朝6時過ぎには学校に着き,授業前の補修や自習(強制される他習だと言っていましたが)そして授業,終わってからの補習,自習・・・学校を出るのは夜の11時頃だといいます.聞きしに勝るその実態.
この競争によって,潰れてしまう子どもたちも多くいるといいます.そして,大学に入学できても就職は厳しく,今や労働者の2/3は非正規雇用,日本以上の格差社会となっているとのことです.

しかし,考えてみれば,日本の高校生も学校から帰れば塾で夜中まで勉強という子が多いのですから,驚くことはないのかもしれません.ともかく世界をおおうこの格差と雇用の悪化,新自由主義の政治経済は教育に大きく影を落としています.本当に子どもたちに学ぶ楽しさと,生きる力を保障する学校教育をもう一度考え直さなければなりません.

6月25日,県教育会館で「インクルーシブ教育ネット北陸集会が開催されました」

 午後は,県女性会館での「男女共同参画の集い」に参加しました.

1106bare-bo-ru.jpg

 6月18日,金沢市教職員厚生協会主催のバレーボール大会が開催されました.議会の合間を縫って,書記局チームの一員として参加しました.

 怪我だけは避けようと,入念な準備体操で,いざ試合,相手チーム強い.というか,我がチームの弱さ,期待の森一敏市議も練習不足と年齢には勝てず不本意な様子でした.私もセッターの大役でしたが,思うようにトスが上がらず誠に申し訳ない有様でした.
 結果は惨敗です.しかし,第2セットは県教組の栗山書記の好サーブでいいところまで迫ったのですが,実力差は,はっきりしていました.

 さてこの大会,今年のメンバーを見ると若い人が多い,確実に学校の教職員の平均年齢は下がっています.ベテランと若い皆さんのチームワークが教育活動でも生かされる予感がしました.でも大事なのは,やっぱり目配りできる,信頼できるキャプテンだな.