中央公園の再整備に関わって,樹木の伐採が行われることが分かり,いろいろな意見が届けられている.
イベントにも対応できるよう,芝生部分を透水性の舗装にすることや,園路を整備し,しいのき迎賓館周辺の区域へのエントランスを良くすること,金沢城公園への誘導をはかることなどについて,議会でも説明を受けていて.整備予算も承認されている.

pers01

▲ 中央公園再整備計画(土木部公園緑地課)

中央公園の樹に色のテープが巻かれているが,あれを伐採するのかという問い合わせがあった.県担当課の説明を受け,ある程度の太さ(一抱え以上の太さ)の樹木を30本あまり伐採する予定だと聞いて,少々びっくりした.具体的にどこのどの樹を切るのかは聞いていなかったからだ.
アトリオ側から公園への見通しを良くする整備がかつて行われ,この時に樹を何本か切っていると思うが,今回は樹木の伐採はあまり無いものと思っていた.
現地を見てきたが,これはちょっと勿体無いなあという樹にも印がついていた.切らないで欲しいという市民の声が出ることは十分に予想されただろう.
四高ゆかりの木や,シンボル的な木を残していて,造園や都市デザインの専門家の意見も聞いての整備の実施設計がなされたというのだが,少し,不便,邪魔な感じがしてもまだまだ寿命のある樹を切ることには慎重であってほしい.市民の意見を聴く機会もあって良いと考える.切ることを焦らないよう要望して行きたい.