3月20日,能登有料道路(31日より「のと里山海道」として無料化)と金沢市内との交通を分散し,アクセスの円滑化をめざす直線道路の完成.共用が開始された.無料化に伴い,交通量は1.5~2倍に増えると試算されている「のと里山海道」であるが.能登から金沢へのストロー現象が起こらないよう,交流の活発化で能登の魅力を大きく発信する施策の充実があって,この道も生きてくる.

IMG_0122s IMG_0138s
金沢能登連絡道路 http://www.pref.ishikawa.lg.jp/kenouciv/jigyou/douro7.html

この完成式の後,七尾市で行われた「世界農業遺産シンポジウム」に出席のため能登有料道路を走った.高松のサービスエリアの道の駅もリニューアルが進められている.シンポジウムも能登でその地域の財産を守り,育て,元気に頑張っている農業者や地域活性化のリーダーに出会った.能登にとって明るい春の話題である.
IMG_0131s