7月22日,能登半島志賀町を出発した大阪の「能登ピース・サイクル」は,昨晩金沢に到着,今日23日朝,県庁を訪れ,県知事への申し入れを行った.原子力安全対策室長と防災対策課長が対応した.
申し入れの内容は,これまで各方面から指摘が続いている,能登「半島」という地理的環境の中での原発事故に伴う避難の困難性と,先日明らかになった原子炉直下の活断層の相当程度確実な存在の上に立った,運転中止,廃炉の要求である.平和運動センターの中村事務局長と森金沢市議,盛本が同席した.

メンバーの厳しい追求にも,県当局は,防災については,国の示す30km圏外へと踏み出す意思はなく,県としての主体的判断ととりくみを進める意思を示さなかった.また,活断層の存在についてはあくまでも「疑義」であるとし,現時点での廃炉に向けた動きを完全に否定した.
この活断層が認定されれば廃炉に向かうとの認識は示したが,北陸電力の再調査を見極める姿勢に変わりはなく,これも県としての自主的な地質調査への関わりの意思は示さなかった.

石川県民の安全を確保すべき責任を持つ県は,活断層の存在が強く疑われた時点で,国の一貫性の無さを指摘しているだけでなく,志賀原発そのものの安全性が強い疑問あるものであると認識し廃炉を求める動きを開始すべきである.
大阪の仲間の継続したとりくみに敬意を表すとともに,社民党も広く市民グループとも連帯しながら,今後,継続した申し入れと,市民へのアピールの強化をしていく予定である.

ピースサイクル全国ネットワーク http://blog.peace-cycle.main.jp/