9月19日明治公園に,原発はいらないと訴え行動する,6万人が集まりました.もちろん私も,バス2台でやってきた石川県平和運動センターの参加者とともに,集会とデモに参加,全国から集まった労働組合員,市民運動の仲間と連帯し,シュプレヒコールを行いながら,明治公園から代々木公園まで街行く市民に脱原発を訴えました.

 集会呼びかけ人の皆さんからのメッセージ
鎌田慧さん:この集会が出発点だ  大江健三郎さん:想像力を持たない政党指導者や経団連の実力者たちに,私たちの抵抗の意思を思い知らせよう.民主主義の集会とデモでしっかりやろう  内橋克人さん:地下に原発を,という議員たち,核武装の意図が見える  落合恵子さん:放射能の処理能力を持たない人間が原発を持つべきでない  フーベルト・ヴァイガーさん:脱原発は出来るかどうかではなく,政治がやるかやらないかの話だ  山本太郎さん:ただ生きたいと思い,脱原発を訴える決心をした

  東京のデモは教育基本法改悪反対の行動以来だと思います.今回のデモは街の人々の反応が違うような気がしました.手を振る人,一緒にシュプレヒコールに合わせて声を出す人,拍手する人,デモ隊に加わる人など,原発はいらないとはっきりと表す人々が多くいました.これは,金沢での集会デモとも共通した点です.

 さて,本当にこれが出発点です.原発を何が何でも持ち続けたいと考える勢力の巧妙なそして強引な,ときには脅しに近い巻き返しが始まっています.事故の原因は地震ではなく津波だったと無理やり結論づけ,津波対策だけで再稼働を強行しようとする動き,原発にたよらないと日本の経済がダメになるというもっともらしい話で脱原発の世論を切り崩そうとする動きが同時に進んでくるでしょう.しかし,原発に安全100%はない,政治の決断で新しいエネルギー政策,つまり新しい産業構造,新しい社会,新しい地方と国の在り方,新しい人間の価値の認識の実現を訴え,粘り強くとりくんでいかなければと考えます.福島の現実と日本の未来に対して豊かな想像力を持って.

  

毎日新聞 http://mainichi.jp/select/wadai/graph/20110919/index.html
シュピーゲル(ドイツ) http://www.spiegel.de/fotostrecke/fotostrecke-73026.html