噓に慣れず、未来をあきらめない主権者の一員として